斜面に無数のクレーター 大江山でウツギノヒメハナバチ

2019年06月04日 のニュース

 丹後天橋立大江山国定公園の京都府福知山市大江町佛性寺、大江山鬼瓦工房周辺で、土中に巣穴を掘るウツギノヒメハナバチが群生している。巣作りで掘った土が穴の周りで盛り上がり、月面のクレーターのようになっている。

 ウツギノヒメハナバチは地中営巣型のハナバチの一種で、国内では5月下旬から6月中旬にかけて成虫となり、ウツギ(卯の花)の花粉と蜜を集め巣穴へ運ぶ。

 工房などがある酒呑童子の里周辺はウツギがあり、今年は1週間ほど前から成虫が姿を見せ始めたという。現在は工房前の斜面で無数の巣穴が見られ、巣の周りを成虫が飛び交っている。

 工房そばにある日本の鬼の交流博物館の塩見行雄館長(70)は「以前は大江山グリーンロッジの駐車場付近で巣穴がたくさん見られましたが、駐車場にトイレができてからは工房周辺に移ったようです。ウツギの花が咲いている間はハチの姿を見ることができます」と話している。

 

写真=大江山鬼瓦工房前の斜面に、多くの巣穴が見られる

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。