福知山城のパンフを一新 光秀大河に向け人物紹介など追加

2019年04月14日 のニュース

 京都府福知山市は、福知山市のシンボル福知山城のパンフレットをリニューアルした。城を築いた戦国武将、明智光秀が主人公のNHK大河ドラマ「麒麟がくる」の放送決定を受け、光秀の紹介を追加するなど、内容をボリュームアップ。4月から城天守閣や関連施設、市役所などで配布している。

 A4判8ページのフルカラーでまとめた。力強い野面積みの石垣を表紙に採用。次のページで、光秀が天正7年(1579)ごろに築き、明治6年(1873)の廃城令で大半が失われたが、行政主導ではなく市民募金の「瓦一枚運動」で昭和61年(1986)に再建されたことなど、城の歴史を紹介している。

 また光秀について、丹波平定までの歴史のほか、地子銭(税)の免除や治水事業を行うなど、善政を敷いたことで名君として市民に親しまれていることも取り上げた。

 さらに歴代城主一覧、光秀の娘婿で城代を任せられた重臣の明智秀満、城の見どころ、市内の光秀ゆかりの地なども紹介。城下のゆらのガーデンの地図もつけた。

 

写真=リニューアルされた城のパンフレット

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。