レストランや温泉が割り引きで消防団応援 福知山でスタート

2019年04月01日 のニュース

 京都府福知山市の市消防本部は4月から、市消防団員がいろいろな特典を受けられる「市消防団応援の店」の取り組みをスタートさせた。協力店舗を団員が利用した際に、飲食料金などが割り引かれるもので、新団員の確保に役立てる。

 市消防団(池澤徹団長)は現在1772人の団員が所属しているが、少子化などの影響で、年々団員数が減少している。

 応援の店には、これまでにレストラン、スイーツ店、カフェ、温泉などを営業する市内の10事業所が登録。消防本部が団員に配布する「消防団員カード」を、店舗利用時に提示することで、特典を受けられる。特典としては、入浴料、商品などの割引、ワインフルボトルのサービスをする店などがある。

 団員本人が対象だが、店舗によっては家族らも対象にするところがある。今後、協力店を増やしていく予定。

 

写真=消防団員カードと店舗の表示証

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。