市役所大江支所の復旧終える 昨年の7月豪雨で被災

2019年03月13日 のニュース

 昨年の7月豪雨で浸水被害を受けた京都府福知山市役所大江支所(大江町河守中央)の復旧工事が終わった。2階で行っていた窓口業務を11日、8カ月ぶりに1階に戻した。各種証明書の申請などのため多くの住民が訪れ、「やっぱり1階は便利」と喜んでいる。

 大江支所は7月7日午前9時20分ごろから庁舎内に水が入り始め、午後1時から2時ごろにかけて水位がピークになり、床上53センチに達した。

 浸水で1階は床のカーペットや壁が汚損し、電気配線も使用できなくなった。このため窓口業務を2階の会議室に移し、対応していた。

 昨年10月終わりから復旧工事に掛かり、カーペットや壁の張り替え、電気系統の改修をしてきた。支所1階の窓口フロアなどの工費は約430万円。

 12日に自動車税の納税証明書の申請に訪れた福知山市北本町二区、塩見泰明さん(44)は、週に1回は大江支所に来ているという。「これまで2階に上がるのが少し手間でした。下のほうがやっぱり便利ですね」と喜んでいた。

 大江支所の山中忠雄支所長は「みなさんには長い間、ご不便やご迷惑をかけていましたが、ようやく工事が終わりました。今後とも住民サービスの向上に努めていきます」と話していた。

 

写真=1階で窓口業務にあたる支所職員

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。