声援受け102チーム力走 市民駅伝大会

2019年03月04日 のニュース

 京都府福知山市に春を告げるスポーツイベント・第26回市民駅伝大会が3日、猪崎の三段池公園多目的グラウンドをスタート・ゴールに開かれた。優勝や上位入賞をめざすチーム、完走第一のチームなどそれぞれの目標を掲げて出場し、たすきをつないだ。男子(混成を含む)の部、女子の部に、合わせて102チーム(欠場なし)が出場し、コース沿いからの多くの声援を受けて力走した。市、市体育協会主催。両丹日日新聞社特別協賛。

 チームは市内在住、在勤の社会人4人でつくり、男子に91チーム、女子に11チームが出場した。職場の仲間やジョギングクラブ、家族などいろいろなつながりで集まり、この日に備えて練習を重ねてきた。

 公園内の多目的グラウンドを発着・中継点に、大はっらぱ広場を周回するコース。第1走者は2・8キロ、以降の走者はそれぞれ2・4キロの計10キロで競った。午前10時30分、伊東尚規副市長の号砲を合図に一斉にスタートした。

 コースの沿道には、参加者の家族らが多く訪れ、「ファイト」などと声援が送られた。「お父さん、がんばれー」と大きな声で叫ぶ子どももいて、重い足の後押しをした。

 たすきをつなぎ、走り終えたランナーたちは、崩れるように倒れて、「しんどい」などと声を漏らして呼吸を整えていた。

写真=勢いよくスタートする各チームの第一走者

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«3月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。