甘く熟したイチゴ狩り ふくやまファーム

2019年02月13日 のニュース

 イチゴ狩りのシーズンを迎えた。京都府福知山市戸田の農園、ふくやまファームには各地から多くの人たちが訪れ、暖かいビニールハウス内で、もぎたてのイチゴを味わっている。

 由良川に近いふくやまファームでは、これまで何度も水害に遭ってきた。昨夏の7月豪雨ではハウスが浸水し、泥がたまるなどの被害を受けた。

 高台にある4棟のハウスで育てていた苗は無事だったが、そこよりも低い場所にある別の8棟が浸水した。親株から子株を採って苗にすることができなくなった。このため不足分は他地域から取り寄せて育て、間に合わせた。

 現在、章姫や福娘、紅ほっぺなど7種類約4万株を栽培。イチゴ狩りは、訪れた人たちがいっぱい食べられるようにと、多く実っているハウスを開放している。

 土、日曜、祝日は遠方から訪れる人が多い。9日は午前10時のオープンとともに、親子連れらがハウス内に入り、赤く熟したイチゴを摘んで食べた。

 京都市上京区の会社員、花登久貴さん(43)は家族4人で来園。「他のイチゴ園と比べ、ここは広くて混み合っていないので、実が取りやすい。実は甘くておいしいです」と喜んでいた。

 ふくやまファームでのイチゴ狩りは5月中旬まで。30分の時間制で、入園料は大人(中学生以上)1700円▽小学生・70歳以上1500円▽幼児1300円▽2歳以下は無料(保護者同伴が必要)。時間は毎日午後3時まで。

 問い合わせはふくやまファーム、電話0773(27)0954へ。

写真=イチゴ狩りをする親子連れ(9日)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«2月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。