【由良川河口】水温高くカレイ不調 時折キスが

2019年01月17日

 京都府宮津、舞鶴両市にまたがる由良川河口では、例年だとこの時期にカレイ釣りが楽しめるが、今年の釣果はいまひとつ。福知山市下荒河の丹後釣具店によると、体長30センチ余りのイシガレイがたまに釣れているが、例年ほど数は上がっていないという。

 同店は「暖冬の影響で水温が下がらず、冷水を好むカレイにとっては、河口付近はまだ適した状況になっていないようです。代わりに、いまもキスが上がったりしています」と話している。

 カレイは空揚げなどにするとおいしい。透明感がある白身で、適度な弾力もあって、大きくて新鮮なものなら刺し身でも食べられる。

週末の舞鶴湾の潮位

 【19日】満潮=14時29分(14センチ)▽干潮=7時16分(マイナス9センチ)、18時30分(11センチ)

 【20日】満潮=0時(22センチ)、15時8分(15センチ)▽干潮=8時6分(マイナス12センチ)、19時19分(11センチ)

写真=まだキスが上がり、カレイはたまに釣れている程度という(資料写真)

アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«1月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。