WEB両丹

きょうあったいい話、夕飯までに届けます。京都府福知山市の情報を満載した新聞社サイト

タブメニュー

購読お申込み 両丹日日新聞は全国にお届けできます。

トップページへ

ニュース

情報

コミュニティ


個人情報保護について

姉妹紙 TownTown


北近畿の釣り情報

【白杉】45センチのセイゴ メバルも

セイゴ
 たまには実釣リポートをと、暖かな春の陽気だった先週、京都府舞鶴市白杉へ行った。もう1人の初心者と経験者1人が同行。本命はそろそろ釣れ始めるはずの小アジだが、この日は回っておらず、代わりにメバル、セイゴなどが掛かった。

 福知山市内の釣具店に立ち寄って、まき餌のアミエビと刺し餌のオキアミを購入。延べ竿での浮き釣りをするので、ハリス付きのアジ針6号を買う。アジがいない時のことを考えてアオイソメも1パック仕入れた。

 夕方からアジを狙って、延べ竿に仕掛けをセットして糸を垂らす。潮の流れと風が強いなか、まき餌をしながら1時間ほど粘るが気配がない。

 「アジが回ってこないようなので、メバル狙いに変更」との経験者の提案で、餌をアオイソメにする。同じ場所で、ポイントを手前にして続け、しばらくすると、もう1人の初心者が「おっ」と声をあげ、体長10センチ余りのメバルを釣り上げた。

 そこからはアイナメ、メバルなどをそれぞれ上げた。しかし、記者の竿にかかった何か大きい魚に糸を切られてからは、魚の気配がなくなってしまった。

 辺りが暗くなり、もう帰ろうかという頃、経験者が竿を立てた。竿がとんでもない曲がり方をしている。アジ針でハリスは0・8号と細い。何とか石の上に魚を上げたところでハリスが切れ、見ると、体長45センチのセイゴが跳ねていた。

 この日はこれに満足して切り上げ、20センチ弱をはじめメバル3匹、同サイズのアイナメ1匹、それにセイゴ1匹を初心者2人が分けて持ち帰った。
0427gyosin450.jpg
 記者はセイゴをもらい、その日のうちに3枚におろし、身のたっぷり付いた中骨の部分を塩焼きに、半身をそれぞれムニエルと西京焼き風にして3日間に分けておいしく頂いた。 (大)

祝日と週末の舞鶴湾の潮位

 【29日】満潮=4時57分(18センチ)、15時40分(23センチ)▽干潮10時25分(9センチ)、23時19分(マイナス10センチ)
 【30日】満潮=5時59分(17センチ)、16時24分(24センチ)▽干潮=11時10分(12センチ)


写真上=0.8号ハリスで釣れた45センチのセイゴ
写真下=セイゴで作ったムニエル

2017年04月27日

 Yahoo!ブックマークに登録

    

 

[PR]

 
 


株式会社両丹日日新聞社 〒620-0055 京都府福知山市篠尾新町1-99 TEL0773-22-2688 FAX0773-22-3232

著作権

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。

購読申込 会社案内 携帯版 お問い合わせ