1年かけアルミホイール回収 自動車整備協組が交通遺児支援

2019年02月05日 のニュース

青年部
 中丹自動車整備工業協同組合青年部会(伊藤隆浩部会長)は、京都府福知山市長田野町にある組合の敷地内で2日、この1年間に回収した自動車アルミホイールの仕分け作業をした。市内のリサイクル業者に引き渡して換金。交通遺児支援事業に寄付する。
 
 自動車に携わる仕事をしているため、交通遺児を支援する活動ができれば-と、02年から続けている。社会貢献活動を評価され、これまでに通算5回、府知事から感謝状を受けた。
 
 今年は、組合に加入する自動車整備工場88事業所から、不要なホイール279個を回収。青年部会のメンバー20人が、センターキャップや空気バルブなどを取り除き、換金できるアルミだけにして、回収コンテナに積み込んでいった。
 
 寄付額は23万2500円で、17年間の累計は321万7858円になった。来年以降も回収し支援活動を続けることにしている。
 
 
写真=手際よく作業する青年部会のメンバー

アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«2月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。