【由良川】ようやくセイゴ上がり出す 大江で53センチ

2022年04月21日

 京都府福知山市大江町の由良川でセイゴが上がり始めた。河口から20~30キロ上流の内陸部で、17日に体長35センチ、19日に53センチを市内の男性がアオイソメで釣った。下荒河の丹後釣具店は「ようやく釣れ始めました。5月の連休ごろからシーズンになるので、今後に期待です」としている。

 セイゴは体長で呼び名が変わり、福知山などでは60センチ以上をスズキと呼んでいる。さっぱりとした白身は癖がなく、塩焼きやムニエルなどがおいしい。

 大江町から下流の由良川河口にかけて狙え、力強い引きを楽しめる。

 同店によれば、舞鶴市白杉などでアジがサビキで釣れているほか、サワラも上がっているという。

週末の舞鶴湾の潮位

 【23日】満潮=11時22分(21センチ)、19時58分(23センチ)▽干潮=2時59分(0センチ)、15時24分(18センチ)

 【24日】満潮=11時20分(21センチ)、21時36分(21センチ)▽干潮=4時3分(3センチ)、16時46分(15センチ)

 
 

写真=19日に大江町の由良川で上がったセイゴ

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。