【由良川】2021年のアユ漁 竿漁約8倍、網漁は約2・5倍

2022年02月03日

 京都府福知山市内記一丁目の由良川漁業協同組合(日和隆組合長)が、昨年に持ち込まれたアユの集荷量をまとめた。天然アユの遡上が例年以上に好調で、竿、網漁ともに前年より大きく増えた。

 毎年、6月から竿釣り、7月から竿専用区以外での網漁を解禁している。集荷量は竿漁が5997匹、網漁が795・49キロ。前年と比べ、竿漁は約8倍、網漁は約2・5倍だった。漁期後半には遊漁証の一日券がとく売れ、口コミなどで評判を聞いた釣り人らが多く訪れていたという。

 漁協は「今年も同じくらいの天然遡上を期待しています。多くの人に漁を楽しんでもらえればうれしい」という。

週末の舞鶴湾の潮位

 【5日】満潮=4時35分(16センチ)、17時53分(9センチ)▽干潮=11時54分(マイナス10センチ)、23時55分(マイナス1センチ)

 【6日】満潮=5時26分(12センチ)、18時20分(9センチ)▽干潮=12時23分(マイナス5センチ)

 

写真=昨年、漁協に持ち込まれたアユ

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。