【由良川】セイゴ好調 海ではアオリイカの姿

2019年08月22日

 京都府福知山市大江町の由良川でセイゴが上がっている。また、宮津、舞鶴などあちこちでアオリイカの新子が釣れ始める季節を迎えた。

 大江町では、7月28日に体長76センチのスズキ、30日に52センチと48センチのセイゴが、8月10日に50センチのセイゴ、20日に45センチのセイゴ2匹、同サイズのチヌ、40センチのボラがそれぞれ上がった。エサはいずれもアオイソメを使っている。

 福知山市下荒河の丹後釣具店は、「川の状況はあまり変わっておらず、セイゴサイズのものがよく上がっていますが、大物は少ない」としている。

 一方、宮津、舞鶴などでは小アジが回っているほか、これからシーズンを迎えるアオリイカの新子が釣れ始めている。サイズは胴長5センチから10センチほどだが、今後サイズが大きくなり、釣り人を楽しませてくれる。

 アオリイカは初夏に沿岸の海藻などに卵を産み、夏の終わりごろに卵からかえった新子が一斉に活動を始める。


週末の舞鶴湾の潮位


 【24日】満潮=7時22分(43センチ)▽干潮=0時50分(36センチ)、15時17分(28センチ)
 【25日】満潮=8時13分(44センチ)▽干潮=16時33分(26センチ)

 
写真=大江町の由良川ではセイゴなどが上がっている

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。