【宮津市】海洋つり場、来春の再開めざし8月から復旧工事

2019年07月04日

 京都府宮津市は、昨年7月の豪雨被害で営業を休止している「市海洋つり場」の復旧を進めることにし、来年4月の営業再開をめざしている。

 栗田湾に面し、カワハギ、アコウ、メバル、チヌ、アジ、キスなど、季節に応じた多くの種類の魚が釣れ、家族連れらに人気のスポットだった。

 豪雨で、つり場に向かう遊歩道が設置された崖が崩れるなどしたため、直後から営業を休止し、復旧するかどうかも含めて市で検討。地元住民の再開を望む声が多かったこともあり、3月の定例議会で、約3千万円の予算を組み、復旧に向けて動くことが決まった。

 工事は、崩れた部分の遊歩道を再設置するなど大掛かりなものになり、8月ごろの着工に向けて準備を進めている。

週末の舞鶴湾の潮位

 【6日】満潮=5時57分(35センチ)、16時10分(45センチ)▽干潮=10時7分(31センチ)

 【7日】満潮=6時44分(34センチ)、17時10分(43センチ)▽干潮=0時7分(10センチ)、11時39分(30センチ)

 

写真=営業休止前は家族連れらでにぎわっていた海洋釣り場

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。