三和小3年生がブドウの摘果作業を体験 汗流し苦労も知る

2022年07月01日 のニュース

 京都府福知山市三和町千束、三和小学校(川端那美代校長)の3年生17人が30日、古里の特産物「三和ぶどう」について知ろうと、友渕のブドウ園で、房を整える摘果作業を体験。猛暑日となったなか、汗を流しながら作業に精を出し、農作物を育てる苦労も知った。

 同校は毎年、地域での体験学習を通じて、古里について学ぶ「三和創造学習」の一環として、三和ぶどうの栽培に関わる一部の作業を体験している。

 今年は、吉見篤一さん(50)が栽培するブドウ園で、ブドウ作りの苦労や努力を学んでいる。これまでに児童たちは、カップに入れた薬剤に房を浸して種をなくす「ジベレリン処理」の作業をしてきた。

 吉見さんは、粒を大きくそろえるために、小さい実や変色しているものなどは間引く必要があると説明。そのあと児童たちは、ハサミを使いながら「これだ」「変な形を見つけた」「小さいの取れた」などと元気に取り組んだ。

 佐々木陽優君は「初めは切るのが難しかったけど、だんだんと慣れてきて上手にできるようになりました。次は収穫なので、楽しみです」と笑顔を見せていた。

 
 

写真=ブドウの間引き作業をする児童たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。