住民交流の「いきいきサロン」で手打ちそば 私市殿村

2022年06月24日 のニュース

 京都府福知山市私市地区にある殿村の住民ふれあい活動「いきいきサロン」(大島辰男代表)が20日、地元の私市公民館で開かれた。サロン運営の住民8人が腕を振るった手打ちそばを、サロン利用のお年寄り約15人が味わった。

 住民の憩いの場となっているサロンには、運営側と利用側でそれぞれ約20人が登録する。飲食やスポーツなどで交流を楽しんできたが、新型コロナウイルス禍で会食形式のイベントは3年ぶりとなった。

 そばは昼食に出すため、運営スタッフが朝から公民館の炊事場に立って大忙し。二八そばを打ち、盛り付け用の揚げ、刻みネギ、長芋のとろろを準備した。「今年のイモはでかいなぁ」「みんなで料理するんも久しぶりやね」と会話が弾み、作業に費やした2時間半はあっという間に過ぎた。

 サロン参加の高齢者はそばののど越しを楽しみ、おかわりもして満腹。食事のあとは流行中のスカットボールで盛り上がった。

 大島代表(82)は「みんなでわいわいできるのがやっぱりいいですね」と話していた。


 
写真=特製手打ちそばがもうすぐ完成

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。