日々濃さ増す青もみじ 奥野部の長安寺

2022年05月11日 のニュース

 丹波のもみじ寺として知られる京都府福知山市奥野部、臨済宗南禅寺派・長安寺(正木義昭住職)で、「青もみじ」が見ごろを迎えている。

 境内や参道沿いにヤマモミジやイロハモミジ、ノムラモミジなど約550本があり、毎年晩秋になると紅葉し、観光スポットとして多くの人たちが訪れる。

 今の時期は青もみじを見に来る人が多く、差し込む日の光に若葉が輝き、時折吹く風に枝が、そよと揺れる。

 日中は夏を感じさせる陽気の日もあるが、参道は葉が重なり合って緑のトンネルを作り出し、参拝者たちが涼しさを感じながらゆっくりと通り抜けている。

 正木住職(63)は「連休前ごろから青く目立ち始め、今が盛りで、これから夏に向けて日に日に色が濃くなっていくでしょう」と話している。

 

写真=日の光を受ける参道の青もみじ

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。