由良川のアユ釣り6月1日から 解禁までに稚アユ放流 

2022年04月28日 のニュース

 由良川漁業協同組合(日和隆組合長)による稚アユの放流が始まった。初日の28日は、京都府福知山市猪崎の音無瀬橋下流で300キロを放し、組合員たちが元気に泳いでいく姿を見送った。アユ釣りが解禁になる6月1日までに、福知山、綾部、舞鶴、京丹波4市町の由良川本流、支流に計3千キロ、約43万匹を放す。

 放流は毎年、アユ漁を楽しんでもらうことなどを目的に取り組んでいる。福知山市内での放流は、1650キロの予定。今年のアユは岡山、滋賀、和歌山3県産で、体長は12センチほど。解禁日には20センチほどに育つ。

 昨年は天然アユの遡上が、ここ数年にはなかったほど好調で、漁協に持ち込まれたアユの釣果は竿が一昨年の3倍、網は2倍だった。今年も、4月10日から遡上する姿が確認されている。

 日和組合長(73)は「本流、支流とも天然アユの姿が見られ、解禁日が楽しみな状況です。たくさんの人に釣りに来てもらえればうれしい」と話している。

■釣りは6月1日網は7月1日から

 アユ釣りは6月1日午前6時、網漁は7月1日に解禁される。いずれも9月30日までだが、11月からは産卵期の「落ちアユ」漁が楽しめる。

 遊漁証は市内の釣具店などで購入できる。年券が1万円で、日券は3千円。日券の販売は7月5日から。


写真=音無瀬橋下の由良川でアユを放流した(4月28日午前10時10分ごろ)

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。