【延期】グランドピアノや学習机、理科室の実験機材も 廃校備品を販売

2022年01月25日 のニュース

【延期】
「まん延防止等重点措置」摘要決定を受け、延期となった(1月27日11:03)

----
楽器、机など計460点

 京都府福知山市は、旧天津小学校(2020年閉校)と旧育英小学校(13年閉校)に残る学習机、楽器、教材などの廃校備品約460点を一般向けに販売する。販売会は2月5、6両日に勅使の旧天津小学校で開き、児童が校歌斉唱などで使ったグランドピアノも並ぶ。

 廃校備品は、他校や市役所で再利用し、使わないものについてはこれまで廃棄していたが、SDGs(持続可能な開発目標)の推進、市民満足度、市の財政健全化にも役立つとして、販売会を初めて企画した。

 販売する備品は、旧天津小の体育館と音楽室にあったグランドピアノ各1台をはじめ、大太鼓や鉄琴などを含む楽器類▽教室の児童用机・いすセット▽職員用事務机▽給食配膳箱▽歴史大地図▽理科室の各種実験機材▽家庭科室の備品▽パソコンモニター▽校長室にあった金庫などがある。

 現状有姿での販売になり、購入品は各自で持ち帰る。予約、取り置き、交換はできない。グランドピアノのみ一般競争入札をして、販売会終了後に落札者が搬出する。

 販売会の時間は両日午前9時30分から午後3時30分まで。各日午前9時から現地で整理券を配布し、30分間に10組(1組6人まで)で入場制限する。来場者はマスク着用。

 市資産活用課は「初めての廃校備品販売会になります。思い出の品のほか、あまり見ない品もあるので有効活用したい」としている。問い合わせも同課、電話(24)7038へ。


写真上=音楽室のグランドピアノ
写真下=体育館のグランドピアノを使って、プロの指揮者に教わり発声練習をする児童たち(2017年7月)

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。