国定公園・大江山で雪上歩き満喫 スノーシュー履いて

2022年01月24日 のニュース

 かんじきに似た雪の上を歩く道具「スノーシュー」を履き、雪歩きを楽しむイベントが23日、丹後天橋立大江山国定公園内の京都府福知山市・大江山一帯で開かれた。市内のほか、京都市や南丹市からも参加。計27人が、降り積もった雪の上を一歩一歩ゆっくり進み、散策を楽しんだ。

 福知山市や与謝野町、舞鶴市などのネイチャーガイドらでつくる大江山鬼っこの会が主催。大江町佛性寺の大江山グリーンロッジから、鍋塚休憩所までの往復約8キロを約5時間かけて歩いた。

 周辺には1メートルを超える積雪があり、メンバーは「ギュッ、ギュッ」と、雪を踏みしめながら前進。高い場所からの雪景色などを満喫し、大人も子どもも笑顔で自然と触れ合っていた。

 

写真=雪を踏みしめて出発する参加者たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。