晩秋と初冬のコントラスト 山間部で屋根や田畑が雪化粧

2021年12月02日 のニュース

 冬型の気圧配置や寒気の影響で、福知山市内の山間部では2日朝、家屋の屋根や田畑に雪が積もり、市街地からは姫髪山や烏ケ岳などの頂上部が雪化粧している姿が見られた。

 福知山のけさの最低気温は前日より1・5度低い1・3度で、12月下旬並みの寒さとなった。

 山間部の三岳地区を通る国道426号の気温計はマイナス0・1度を表示。中佐々木では、紅葉が見ごろを迎えたり、落葉しかけたりしている木々と雪のコントラストが際立ち、晩秋と初冬が入り混じった光景が広がっていた。
 
 
写真=もみじの周囲が雪化粧(2日午前8時10分ごろ、中佐々木で)

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。