「丹波のもみじ寺」 550本のコントラスト 長安寺のもみじが見ごろ

2021年11月10日 のニュース

 「丹波のもみじ寺」として知られる京都府福知山市奥野部、臨済宗南禅寺派・長安寺(正木義昭住職)で、もみじが色付き、見ごろを迎えている。

境内や参道にはヤマモミジやイロハモミジ、ノムラモミジなど約550本が植わっている。毎年今の時期に色付き、紅葉のスポットとして人気が高い。

今年は10月終わりごろから葉色が変わり始めた。まだ色付いていない葉もあり、赤、黄、緑のコントラストが映える。

地元のほか、京丹後市や舞鶴市、京都市などからも多くの人たちが訪れ、カメラやスマホで紅葉の情景を撮影している。

正木住職(62)は「今年は異常気象のせいか、紅葉の進み具合が遅いようです。台風などが少なかったので、木々の傷みはなく、11月25日ごろまで見ごろが続くでしょう」と予測する。


写真=境内で色付くもみじ

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。