1、2個でも珍しいミョウガの赤い実 なんと斜面いっぱいに-大呂で

2021年11月10日 のニュース

 京都府福知山市大呂の山沿いで、真っ赤な実を付けたミョウガが群生しているのが見つかった。ミョウガはまれに結実することがあるが、たくさんの実が一斉にできるのは珍しい。

 ミョウガがあるのは加藤紀久雄さん(81)宅裏、山際の斜面で、30年ほど前に山手にあったミョウガを移植した。

 独特の風味と触感がある香味野菜のミョウガ。生育中は花芽がいくつもでき、そのままにしておくと白っぽい花を咲かせる。それがまれに結実し、赤い実と種ができる。加藤さん宅では、これまでも1個か2個見つけることはあった。

 ところが今年は、妻の澪子さん(79)が草刈りついでに斜面を見たところ、一面に赤い実を付けたミョウガがあった。数は100個ほどあり、びっくりしたという。

 澪子さんは「こんなたくさん赤い実が付くなんて。このところの異常気象のせいでしょうか」と驚いている。

 府中丹西農業改良普及センターは「ミョウガは秋ごろに暖かい日が続くなど、特定の気象条件によって結実することはありますが、こんなに数多くできることは、そうないのでは」と話している。
 
 
写真=斜面一面に赤い実を付けたミョウガが広がる

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。