庭の松にマツタケ? 大内山田の芦田さん宅

2021年10月15日 のニュース

 「自宅の松の根元にマツタケっぽいキノコが生えているけど、これは何?」。京都府福知山市内の読者から両丹日日新聞社に電話があり、現地に向かった。たしかにマツタケに似ているが、その正体は…。

 情報を寄せたのは大内山田で農業をする芦田正輝さん(72)。庭のアカマツの根元にキノコがあるのを6日ごろに見つけた。このキノコは昨秋に初めて姿を見せたという。

 芦田さんは「2年続くと気になって。マツタケではないだろうとは思っているけど、松のそばだからちょっと期待もしてしまう。食べられるなら試しに食べてみようと思うのだが」と話す。

 現物を見るとマツタケに見えなくもないが、香りはなかった。

 樹木医の京極春樹さんによると「マツタケに似ているマツタケモドキと思われます。食べるのはやめておいた方が賢明かと」とのこと。山に入りマツタケ狩りをする芦田さんは「庭のがマツタケだったらわざわざ山に行かなくていいのに」と笑った。
 
 
写真=松の根元に生えたマツタケっぽいキノコ

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。