鬼も酒盛り自粛中 緊急事態宣言下の大江・鬼の酒噴水休止

2021年09月27日 のニュース

 緊急事態宣言中で飲食店の酒類の提供が原則禁止となる中、鬼伝説のまち京都府福知山市大江町では、河守中央の鬼瓦公園に設置してある「鬼の酒噴水」の鬼の像に、「緊急事態宣言中の酒盛り自粛中」との札をつけてある。

 福知山市役所大江支所がつけた。京都府などに出されている緊急事態宣言を広く知らせ、住民らにコロナ対策に努めてもらうのが目的。

 噴水は1989年に造られ、大江山の自然石を利用した台座の上に信楽焼の鬼の像3体が据えられている。本来は台座の下部から水が噴き出るが、現在は止めている。

 札は3体それぞれにつけられ、鬼たちは酒をじっと我慢。今のところ、宣言期間の30日までつけておく。
 
 
写真=自粛中の札がつけられ水が止まった鬼の酒噴水

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。