キッズコーナーにボルダリングの壁 待ち時間に楽しんでと大嶋カーサービス

2021年08月03日 のニュース

 東京五輪でスポーツクライミング競技が始まった。自動車の販売、修理を手がける京都府福知山市蛇ケ端の大嶋カーサービス(大嶋明代表取締役)は、キッズコーナーを改装し、ホールドを使って壁を登る「ボルダリング」を楽しめるようにした。

 商談の時間などに退屈しがちな子どもが、笑顔で過ごせるようにと、店舗全体のリニューアルに合わせて実施。丹波市と舞鶴市でボルダリングジムを経営する細見明さんに、監修を依頼した。

 天井までの高さは約3・3㍍で、手でつかんだり、足を掛けたりするホールドは子どもも登りやすい配置にした。また下にはクッションを置き、安全面にも配慮。壁には同社のマスコットキャラクター「ハッピーちゃん」が鳥に乗って空を飛ぶ、愛らしい絵が描かれている。

 27・5平方㍍のキッズコーナーには、車型のすべり台や丸太の一本橋などを配置。さらにウイルス、細菌などの除去効果があるとされるマナコーティングをスペース全体に施工している。

 キッズコーナーのオープンを記念し、コーナーで遊んだ子どもを対象に、ハッピーちゃんがデザインされたボールペン、トレーディングカード、うちわの3点セットとお菓子を9月末までプレゼントする。

 リニューアルを担当した石川理恵子さんは「市内で一番楽しいキッズコーナーにしようと、準備を進めてきました。21日に利用開始したあと、みんな喜んで遊んでくれているので、うれしいです」と話している。

 

 

写真=ボルダリングが楽しめるようになった

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。