初めての操作に苦戦しつつも巧みに掘削 高校生がショベルカーの運転学ぶ

2021年07月31日 のニュース

 京都府福知山市三和町千束、福知山高校三和分校(大久保博之副校長)の農業科2年生5人が28、29両日、特別教育講習会として建設機械会社から講師を迎えてショベルカーの運転技術などを学んだ。

 社会に出てから活用できる資格取得に役立つようにと、10年ほど前から2年生を対象に続けている。コマツ教習所近畿センタの指導員を迎え、座学と実技で専門知識、技能を身に付けた。

 2日目の実技では、同校グラウンドの特設コースに持ち込まれたショベルカーに1人ずつ乗り込んで運転。周囲の安全確認や点検を済ませたあと、運転台に座ってホーンで合図をしてからエンジンを始動。コーンを並べて作ったコースを走り、途中で2本のレバーを巧みに操って、アームとバケットを同時に動かす掘削の基本動作を繰り返した。

 ショベルカーを運転するのは全員が初めて。塩見奏太君(16)は「コースが狭くて、車体を旋回させるのが難しく、アームやバケットも思うように動かせなかった」と話していた。

 これとは別に両日、農業科生3人が駅前町の市民交流プラザで、ボイラー取扱技能講習会を受けた。

写真=2本のレバーでショベルカーを操る生徒

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。