全国のソフトテニス強豪高校が三段池で熱戦 2021カーニバルに男女41校600人

2021年07月27日 のニュース

 全国レベルの強豪校が集う高校生のソフトテニス大会「2021ハイスクール・ソフトテニス・カーニバル」が23日から3日間、京都府福知山市猪崎の三段池公園テニスコートで開かれた。今夏のインターハイ団体出場校など男子16校、女子25校の約600人が個人戦と団体戦で競い合った。

 大会は、福知山市ソフトテニス協会(中山則男会長)主催、市など後援。福知山の活性化と参加校の競技力向上を目的にしている。

 今大会には、石川県で28日に開幕するインターハイ出場を控える地元の福知山成美高校(男子)、3月の全日本高校選抜大会をアベックで制した宮城県の東北高校(男子・女子)などが参加した。

 三段池コートは20面ある府内屈指の施設で、昨年にインターハイソフトテニス競技が予定されていたが、コロナで中止になった。そこで、市協会は市の協力を得て、今大会名に「福知山市(2020)インターハイ記念」の冠を付けて盛り上げに努めている。

 全国常連チームが多く、熱戦続きに中山会長は「インターハイ直前で選手たちの意識が高い大会になっている。福知山成美をはじめ、参加校のインターハイでの活躍を期待しています」と話していた。
 
 
写真=際どい球も諦めない白熱の試合展開に

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。