葉の間からかれんな花 畑田池でスイレン、水面に映える

2021年06月12日 のニュース

 京都府のため池百選に選ばれている福知山市野笹の畑田池で、スイレンの花が見ごろを迎えている。緑の葉の間からかれんな花が咲き、水面を彩る。

 スイレンは水生植物で、春に根茎の先端から芽を水中に伸ばし、水面に葉を広げる。午前中に咲くことが多い。

 畑田池はもともとかんがい用の池で、1966年6月に増水し堤防が決壊した。復旧後、地元住民がスイレンを数株植えたのが始まりで、次第に株数が増えた。

 現在はピンク、黄色の花が咲いている。訪れた人たちが水面に浮かぶ花をカメラで撮影する姿が見られる。

 池の周りにはシカよけフェンスがあり、開けて出入りすることができるが、地元自治会では「観賞したあとはフェンスをしっかりと閉めて帰ってほしい」と呼びかけている。

 

 

写真=見ごろを迎えたスイレンの花

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。