市議会がタブレット導入で年6千枚のペーパーレス 議案や資料を共有

2021年06月04日 のニュース

 京都府福知山市は、3日に開会した市議会6月定例会から、出席する市長や部長級職員ら理事者側24人が、タブレット端末の活用を始めた。議員24人は導入済みで、本会議出席者全員がタブレット端末を使うことになった。

 議員と市側は、タブレット端末で予算書類や議案書類などを共有する。付箋やマーカーチェック機能などがあって使いやすく、会議運営の効率化とペーパーレス化を促進する。

 市側が議会でタブレット端末を使うことで、年間6千枚の紙資料の削減効果が期待できるという。

 市情報推進課は「いきなり全てがタブレット端末になるものではありませんが、導入効果を見極めて更にペーパーレス化を進めたい」としている。

 

 

写真=本会議でタブレット端末を使う市理事者ら

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。