真夏日記録の夜に光の帯 小川でホタル飛び交う

2021年06月02日 のニュース

 各地の小川近くで、夏の風物詩のホタルが飛び始めた。京都府福知山市では、昼間に今季最高気温となる30・7度の真夏日を記録した1日夜にも、光の帯が見られ、家族連れらが、辺りを漂う姿に見入っていた。

 大江町天田内では毎年ホタルが飛ぶが、今年は特に数が多い。同日夜には、辺りが暗くなり始めると、水田横の用水路の茂みから次々とホタルが姿を見せ、辺り一帯を埋め尽くすように飛び交った。

 長年、同地区に住んでいる荒賀義春さん(69)は「近年まれにみる多さにとても驚いています。ほっとする瞬間で、優しい光に癒やされますね。このきれいな景色を後世にも残せるよう、みんなで自然環境を守っていきたいです」と目を細めていた。


写真=天田内の水田近くで辺り一面に飛ぶホタル(1日午後8時20分ごろ、3分間露光)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。