全日本U18フットサル選手権に初出場 共栄高が京都府予選優勝

2021年05月05日 のニュース

 京都府福知山市東羽合、京都共栄学園高校のサッカー部(小幡優登主将)が、7月30日~8月1日の3日間、京都市のハンナリーズアリーナで開かれる「JFA第8回全日本U18フットサル選手権大会」に出場する。このほど島津アリーナ(京都市)で行われた京都府予選で優勝し、初めて全国への切符を手にした。

 5人制フットサルの大会で、府予選は2ブロックに分かれ、1チーム2試合ずつの変則ブロック戦を行い、各ブロック上位2チームで、決勝トーナメントをした。

 共栄は3年の小幡主将を含む9人でチームを組んで出場。「守備は粘り強く」など意識し、試合に挑むことをメンバーで事前に確認して戦った。

 ブロック初戦は、フットサルのクラブチームと対戦した。切り替えの早さなど、サッカーとは異なるフットサル特有の技術が高く、やりづらさはあったが、5-1で快勝。続くサッカーの強豪校・久御山にも勝利し、決勝トーナメントに進んだ。

 ここでも固い守備から攻撃につなげ、個人技もさえわたってゴールを量産。準決勝は11-3、決勝は9-1と大差をつけ、優勝することができた。

 小幡主将は「みんなが同じ意識をもって試合に臨め、優勝できて良かった。京都代表として出るので、一つでも多く勝って優勝できれば」と話している。
 
 
写真=京都府予選で優勝した共栄高サッカー部のチーム

このエントリーをはてなブックマークに追加

社員募集

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。