同期の仲間と助け合い、信頼される自衛官に 福知山駐屯地で入隊式

2021年04月15日 のニュース

 陸上自衛隊第7普通科連隊(小野田宏樹連隊長)の入隊式が、京都府福知山市天田の福知山駐屯地で12日にあり、自衛官候補生81人が新たな一歩を踏み出した。

 候補生は18歳~32歳の男性。福知山市内の6人を含む京都府内53人、大阪府16人などで、福知山駐屯地で約3カ月間、基本の動作や戦闘などの基礎訓練を受ける。

 小野田連隊長は「きょうからいろいろな訓練を行っていく。きついこと、苦しいことなど多くの試練が待っている。くじけそうになることもあるが、同期の仲間と助け合い、前向きに取り組んでほしい」と激励した。

 候補生を代表して、田中翔さん(19)は「信頼される自衛官になりたい。伝統ある隊で、訓練できることを誇りに思い、私たち81人が全員そろって修了式を迎えることを誓います」と決意の言葉を述べた。

 新型コロナウイルス対策として、昨年に続き保護者の出席を見合わせたほか、国歌は歌わず演奏のみ、宣誓の復唱も取りやめた。
 
 
写真=入場する自衛官候補生たち

このエントリーをはてなブックマークに追加
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。