タイガースWomen、福知山ゆかりの選手4人に 植村投手は甲子園開幕戦で始球式

2021年04月09日 のニュース

 阪神タイガース女子硬式野球クラブチーム、阪神タイガースWomen(ウィメン)に、京都府福知山市ゆかりの選手が新たに加わった。先に入団していた福知山市池部出身の植村美奈子投手(28)は、甲子園開幕戦となった阪神-巨人戦で始球式に登板。左腕からの力強いストライクで球場をわかせた。

 タイガースWomenは、女性が野球を続けやすい環境を-と、昨年12月に発足。阪神球団の支援は受けるが、プロチームではない。初の練習試合として、4月中に大阪体育大学、京都両洋高校などと計4試合行うことが決まっている。

■聖地のマウンドで左腕から力強い直球■

 女子プロ野球で19年に最多勝など3冠に輝いた植村投手。6日の阪神-巨人戦では、「ピッチャー・植村」のコールで始球式のマウンドに上がった。巨人の1番打者・梶谷隆幸外野手の内角寄りに鋭い直球を投げ込んでストライク。憧れのマウンドでの一球をかみしめた。

 阪神球団では、6~8日の3連戦を、阪神タイガースWomenのお披露目の機会として、試合開始前にチームの紹介映像などを放映。植村投手の始球式も、その一環として行われた。

■成美高OGの村松捕手「チムから必要とされる選手に」■

 新たに入団したのは、福知山成美高校女子野球部OGの村松珠希捕手(23)。大阪府出身で、成美高を卒業後、昨季まで女子プロ野球チームに所属していた。キャッチングと二塁送球がセールスポイントで、「全力プレーで頑張ります。チームから必要とされる選手になるので、応援を」と話している。成美高OGは、田中亜里沙選手、山本涼香選手との3人になった


写真上=甲子園開幕戦で憧れのマウンドに上がり、始球式をした植村投手
写真下=入団した村松捕手(いずれも阪神タイガースWomen提供)

社員募集

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。