国道を彩るピンクと紫 夫婦が育てるチューリップとムラサキハナナ満開

2021年04月07日 のニュース

 京都府福知山市大江町蓼原の荒木伊佐男さん(89)と妻の千秋さん(88)が、近くの花壇で育てているピンクのチューリップとアブラナ科のムラサキハナナ(ショカツサイ、オオアラセイトウ)が満開となり、通行人を楽しませている。

 花壇は国道175号と集落内を通る道路の交差点付近にある、広さ約120平方メートルの府有地。老人会が花を育てていたあとを受けて、30年ほど前から夫婦で四季の花を作り続けている。

 チューリップは昨年11月に球根約1200個を植え、3月下旬ごろからピンク色の花を咲かせ始めた。ムラサキハナナも採取した種をまいて育ててきたもので、チューリップと一緒に見ごろとなった。

 荒木さんは「荒れ地にならないようにと花を作っています。今年もきれいに咲いて良かった。草引きなど世話は大変ですが、喜んで見てもらえたらうれしい」と話している。

写真=咲きそろったチューリップとムラサキハナナ

このエントリーをはてなブックマークに追加

社員募集

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。