弁当狙ってトビが旋回 行楽期迎えた三段池公園、注意呼びかけ

2021年04月04日 のニュース

 春の行楽シーズンを迎え、京都府福知山市猪崎の三段池公園大はらっぱに、ピクニックで訪れた家族の弁当、菓子を狙うトビが頻繁に姿を見せている。公園を管理する市都市緑化協会が、利用者に注意を呼びかけている。

 大はらっぱには、遊具をたくさん設置した「わんぱく広場」があり、休日は子ども連れの家族連れらが大勢訪れる。心地よい気候の日には、芝生にブルーシートを敷き、持参した弁当を食べる人の姿も目立つ。

 ピクニックを楽しむ人が増え始めるこの季節、決まって上空に現れるのがトビ。上空を旋回して食べ物を見つけると、人が手に持っている物でも急降下して奪おうとする。「お菓子を狙われ、手をけがした」など被害報告が協会に寄せられているといい、注意喚起の看板を増やす予定。

 特に小さな子どもは危険で、協会は「上空には常に気を配り、弁当や菓子は木陰で食べるなど、注意をお願いします」としている。


写真=大はらっぱ上空を旋回するトビ

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«4月»
    1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。