倉庫の壁から ひょっこり子ザルが顔出す 読者が見つけてパシャリ

2021年02月28日 のニュース

 京都府福知山市土(つち)区の旧中丹広域農道付近で、倉庫の壁の穴から子ザルが顔を出す、愛らしい姿が撮影された。綾部市の渡邉由美さん(55)が25日、通勤途中に見つけてパシャリ。すぐには逃げず、1分ほどにらめっこしたという。

 福知山市内で勤務する渡邉さんが、旧農道から土の集落に続く狭い道を走行中、子ザルが道路を横切り、近くの倉庫に一直線。コンクリートブロックの壁には、サル1匹が入れるほどの穴があり、そこに侵入するのを目撃した。

 頭から入ったが、くるりと回転して穴から顔をひょっこりと出した。渡邉さんは車を止め、子ザルに近づいた。威嚇する気配もなく、じっと見つめ合う1人と1匹。この間にスマホを取り出して撮影した。

 このあと子ザルは、そばのフェンスに飛び移り、手を振る渡邉さんを尻目に、土の集落側へと姿を消した。渡邉さんは「襲い掛かってくるようにも見えず、恐怖心はなかったです。しばらく目が合っていて、とても可愛かった」という。

 市動物園の二本松俊邦園長によると「子ザルは人への敵対心が少なく、そう怖くはないですが、野生の大人は威嚇してくる可能性があります。出来るだけ目を合わさないようにして、目が合った場合は、逃げたり目をそらしたりせず、ゆっくり後ずさりするようにしましょう」と話している。
 
 
写真=倉庫の穴から顔を出す子ザル(渡邉さん撮影)

このエントリーをはてなブックマークに追加

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«2月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。