「鬼のキバ」100本 陽光に光るツララ、大江山・鬼の博物館にずらり

2021年01月10日 のニュース

鬼博物館にできたツララ

 強い寒波の影響で寒さが厳しい中、京都府福知山市大江町佛性寺、鬼伝説の山・大江山にある日本の鬼の交流博物館(佐藤秀樹館長)では、施設の軒下に長いツララがで、まるで鬼のキバのよう。長さが1メートルを超えるものもあり、「一気に長くなった」と職員らが驚いている。

 一帯では、年末からの寒波で積雪量が20センチほどある。7日からの寒波の影響で、鬼博の施設の一つ、鬼文化研究所では、屋根の雪解け水が朝晩の寒さで凍り、約100本のツララができている。

 昼間は光が差し、つららに反射してきらきらと輝き、美しい姿を見せる。鬼博では「もっと厳しい冷え込みがあると、更に長くなることも考えられます」と言う。


■最低気温氷点下7・8度 今期最低■

 9日朝の福知山市の最低気温は氷点下7・8度(午前7時31分)で、今季最低となった。平年比で7・6度、前日比で1・6度低かった。


写真=軒先から伸びるツララ

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«1月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。