野生のアオサギが民家訪問 玄関先でリラックス

2020年09月25日 のニュース

 動物愛護週間(20日~26日)中の22日、京都府福知山市上下大内の吉田鉄郎さん(69)宅に、アオサギとみられる野鳥が現れた。吉田さんらの姿を見ても逃げずに近付き、人懐こい様子を見せた。

 現れたのは午後3時前。吉田さんの妻、和子さん(70)が家の前の道路そばで近所の人3人と世間話をしていたところ、近くの大内川方向から、体長80センチほどのアオサギがゆっくりと歩いてきて、そのまま吉田さん宅の敷地内に入った。

 そのあと離れの外にいた鉄郎さんや和子さんの1メートルほどの距離まで接近。全然逃げようとはせず、和子さんが自宅玄関のほうへ行くと、ついてきた。

 一本足でたたずむ姿も見られ、リラックスした状態でいたという。ボウルに水を入れて与えたが、飲まなかった。1時間ほど敷地内にいて、そのあと飛び立った。

 アオサギは、古代ヨーロッパではもともとフェニックスの由来となる鳥・ベヌウとされていて、神のように崇拝されていたことから、見ると縁起が良いといわれている。

 和子さんは「家の近くではサギをよく見かけますが、こんなに近くで見るのは初めて。縁起の良い鳥と聞くので、家まで来てくれてありがたかった」と話していた。
 
 
写真=和子さんのそばでたたずむアオサギ

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«9月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。