京都府警福知山署と兵庫県警朝来署が合同啓発 国道9号を事故ゼロにと

2020年09月23日 のニュース

 京都府警福知山署(熊谷真人署長)は、隣接する兵庫県警朝来署(濱田誠司署長)と合同で21日、福知山市夜久野町小倉の「ドライブインやくの」で交通安全啓発活動に取り組んだ。両府県警のマスコットキャラクターも国道9号沿いに集合し、スピードの出しすぎ注意や車間距離維持などをパネルで呼びかけた。

 秋の全国交通安全運動(21日~30日)に合わせた取り組み。両署員のほか、福知山交通安全協会員、市職員ら約25人が参加し、福知山観光協会のキャラクター・光秀くんとひろこさん、大嶋カーサービスのマスコットキャラ・ハッピーちゃんも応援に駆けつけた。

 朝来市と福知山市をつなぐ国道9号での事故を無くそうと「朝来から福知山! 秋の山陰道R9 事故0作戦!」と銘打って活動。新型コロナウイルス対策として、チラシなどの配布はせず、参加者全員で作戦名を書いたパネルを掲げたり、「スピード注意」「あおり運転ストップ」などと書かれたポップを道路に向けて出した。

 福知山署交通課の福山智晴課長は「管内では昨年と比べ、事故が少ないのでこのペースを維持したい。ドライバーに緊張感をもって運転をしてもらい、地域の安全を守るため、啓発などに力を入れたい」と話していた。
  
 
写真=福知山署と朝来署が合同で啓発活動をした

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«9月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30    

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。