出番待つ盆花アスター 夜久野高原の畑一面4色に染め

2020年08月09日 のニュース

 お盆に仏前や墓前に飾る切り花「アスター」が、京都府福知山市夜久野町平野の夜久野高原で咲き誇っている。近くの居合和徳さん(66)、之乃さん(67)夫婦が栽培しているもので、紫、ピンク、白、赤4色の花が一面を埋め尽くすように広がっている。

 アスターは暑い夏でも花持ちが良く、盆花を代表する品種。キク科の一年草でエゾギクとも呼ばれ、花型などから仏花のイメージが強い。

 花好きな居合さん夫婦は、高原に所有する畑の景観を良くし、収益にも結びつけたいと、盆花として需要が多いアスターを昨年から本格的に育てる。畑は自宅近くにある約300平方メートルの広さ。連作障害を避けるために昨年から場所を移した。4月上旬に種をまいて育苗し、5月中旬に順調に育った苗4千本余りを定植した。

 今年は梅雨が長く、適度な雨が降ったために潅水作業の手間が省けた。病害虫の発生を危惧したが、世話を続けて順調に育った。1本に直径4、5センチの花を10輪前後咲かせ、目が覚めるような鮮やかな色合いの花も。3色分を束ね、ラッピングフィルムで包んで出荷するという。

 居合さん夫婦は「お盆の出荷時期に合わせて花を咲かせるのが難しい。梅雨明けは遅かったですが、ほぼ計画通りに育ちました」と話していた。

 市内では平野の道の駅、農匠の郷内にある農産物直売所「やくの高原市」などに10日ごろから並ぶ。
 
 
写真=一面を埋め尽くすように咲くアスターと栽培した居合さん

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«8月»
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。