改装工事完了し業務開始 福知山児童相談所

2020年07月07日 のニュース

 改修工事に伴い、仮移転していた京都府福知山児童相談所(石田裕明所長)が6日から、改修前と同じ福知山市内田町で、業務を開始した。6月末に工事が完了し、準備が整ったため。閉鎖していた一時保護所も、同日から再開した。

 隣接する法川の拡幅工事で、建物の一部が計画区域に入り、改築する必要があったため、昨年4月から工事を実施していた。

 児相は工事期間中、長田野町の市企業交流プラザに仮移転。一時保護所は閉鎖し、虐待を受けた子などは、京都市の家庭支援総合センターで保護していた。

 全面改築した一時保護所は、定員11人で5室ある居室それぞれに間仕切りを設置。これにより、個室のような対応が可能になり、男女別にエリア分けもした。児相は事務室を拡張し、空調設備も更新した。

 問い合わせは児童相談が電話(22)3623、DV・女性相談は同(22)9911で受け付ける。

 

写真=改修を終えて再開した福知山児童相談所

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«7月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。