速報:福知山市長選 大橋氏大差で再選

2020年06月14日 のニュース

 任期満了に伴う福知山市長選挙は14日に投開票が行われ、現職の大橋一夫氏(66)=自民、公明推薦=が、ほかの3候補に大差を付けて再選を果たした。=読者の声「市長に望む」募集しています

 市長選にはほかに元副市長の嵳峩賢次氏(65)、元市立小学校長の小瀧真里氏(60)、福知山地方労働組合協議会議長の奥井正美氏(66)=共産推薦=が立候補していた。

 投票は午後8時に締め切られ、開票作業が三段池公園総合体育館で午後9時12分に始まった。結了は10時42分。

 大橋氏1万3754票▽嵳峩氏7230票▽小瀧氏6977票▽奥井氏3076票。

 大橋氏は立命館大学を卒業し、裁判所職員を経て、父の跡を継いで府議3期。前回2016年の市長選で現職を破っていた。

 結了後、大勢の支持者に迎えられた大橋氏は「次の4年を持続可能性、発展性のある街をとことんにまで追求して前へ前へ進めたい」と決意を新たにした。

 前市長らの支援を受けて立った嵳峩氏は、大勢が判明した10時30分過ぎ、選挙事務所で「ひとえに私の力不足、これだけたくさんの方々に応援していただいて、本当に申し訳なく思っている」と敗戦の弁。「この結果、しっかりと受け止め福知山市の将来を、みなさんと一緒にまた考えていきたい」と頭を下げた。

結了(10時42分)

大橋一夫氏1万3754票
嵳峩賢次氏 7230票
小瀧真里氏 6977票
奥井正美氏 3076票

第2回発表(午後10時30分現在)

大橋一夫氏11800
嵳峩賢次氏6800
小瀧真里氏6800
奥井正美氏2800

開票率90%

第1回発表(午後10時現在)

奥井正美氏 200
嵳峩賢次氏1000
小瀧真里氏1000
大橋一夫氏1000

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«6月»
 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。