目指せ「鬼博士」 自宅で挑戦! 鬼検定

2020年05月16日 のニュース

 新型コロナウイルス感染の影響で外出自粛が求められる中、京都府福知山市大江町佛性寺の日本の鬼の交流博物館は、ステイホームで自宅にいることが多い人たちに、鬼についての様々な設問に答える「大江山鬼検定」への挑戦を呼びかけている。問題は博物館のホームページで公開。余った時間に知識を深めてほしいという。

 鬼検定は、鬼についての見識を深める団体「世界鬼学会」(事務局・鬼博)が、秋に大江町で開催の大江山酒呑童子祭りのイベントの一つとして、2006年から実施している。台風で2度中止になったため、昨年で12回目だった。

 検定の問題と解答は鬼博のホームページの世界鬼学会コーナーで紹介。一昨年までの11回分を掲載している。毎回100点満点で、90点以上取った人を「鬼博士」、80点以上を「鬼学士」として認定していて、鬼博では「簡単な問題から難問まであるので、頑張って解いてみてほしい」と呼びかけている。

写真=タブレットなどを使い、簡単に見ることができる

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«5月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31       

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。