特産の丹波栗、大粒の実育つようにと生産者がせん定研修

2020年01月31日 のニュース

 実の大きさが魅力の特産丹波栗。生産量と品質向上をと、JA京都丹波くり部会福知山支部(足立勝之支部長)は29日、京都府福知山市猪崎、音無瀬橋付近にある赤壁八壽男さん(72)の栗畑で、せん定研修会を開いた。市内から生産者たち約15人が参加し、大粒の実を育てるために必要な方法を学んだ。

 府中丹広域振興局森づくり推進室の重岡俊彦さんが講師を務めた。

 参加者らは資料を見ながら、栗は最も日照を必要とする果樹であること、枝は横に広く伸ばしていくと収穫量が上がることなどを確認。残す枝を決め、その枝を日陰にしている枝を切るように、全員で考えながら木のせん定をしていった。

 所有者の赤壁さんは「研修には毎年参加しています。せん定は大粒の実を育てるのに大事な作業で、思い切って枝を切っていく必要があります。毎年勉強をさせてもらっています」と話した。
 
 
写真=参加者で考えながらせん定をした

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«1月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。