日本の伝統美術を再現 西陣織ガラスアート展

2020年01月26日 のニュース

 京都府福知山市駅前町の市民交流プラザで、「西陣織ガラスアートミュージアム」が開かれている。西陣織とガラスを組み合わせて平面で表現した弥勒菩薩像、源氏物語絵巻など、日本の伝統美術を再現した作品約50点が並ぶ。26日午後6時まで。無料。

 NPO法人国際芸術文化交流協会、西陣美術織工房・京都ギヤマン舎の主催。

 葛飾北斎や尾形光琳などの名画、フランスのガラス工芸の巨匠、エミール・ガレの作品、日本の国宝で世界に数点しか現存していない陶器の「曜変天目」を表現した作品もあり、見応えのある展示になっている。

 このほか、ガレの弟子が、技術を広めたルーマニアで制作されたガラス作品を同時展示。昆虫や植物、四季をモチーフにした幻想的なランプや花器、茶道具など約30点を置いている。
 
 
写真=ガラスアート展

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«1月»
   1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。