スーパーで迎春ムード しめ飾りや門松が店頭並ぶ

2019年12月16日 のニュース

 令和の時代が幕開けした2019年も、あと半月ほどとなった。京都府福知山市内のスーパーなどでは、しめ飾りや門松などが店頭に並び、迎春ムードが漂っている。

 総合小売業、さとう(佐藤総二郎社長)が運営する東堀のバザールタウン福知山でも、催事場を中心にしめ飾りや輪飾り、ミニ門松、鏡餅などを販売。しめ飾りの一部については、市内の業者から仕入れているという。

 ほかのさとうグループのスーパーでも同様に扱っており、正月が近付くにつれて随時、商品を拡充していく。ミカンが付いたしめ飾りは、20日ごろから店頭に置く予定にしている。

写真=しめ飾りなどが並ぶ催事場(バザールタウン福知山で)

Tweet
京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

「きょうで満一歳」お申し込み

24時間アクセスランキング

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。