師走のまちで僧侶が托鉢 浄財は全額地域福祉に

2019年12月02日 のニュース

 京都府福知山市の福知山市仏教会(会長・渡辺英俊洞玄寺住職)は2日午前、「歳末たすけあい托鉢」に取り組んだ。僧侶40人が師走のまちを歩き、市民に協力を求めていた。

 毎年取り組んでおり、今年は南本町にある高林寺での総会に続き托鉢へ。雨の降るあいにくの天気となったが、午前10時前に同寺前で般若心経を唱えたあと、3班に分かれて出発した。

 拡声器で協力を呼びかけ、鈴を鳴らしながら歩き、アオイ通り、駅周辺などを回った。僧侶が首から提げた箱に、市民らが次々と浄財を入れて協力した。

 集まった浄財は地域福祉にと、当日のうちに両丹日日新聞社へ寄託した。
 
 
写真=托鉢に出発する僧侶たち(2日午前10時ごろ)

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«12月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31     

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。