物語の舞台・大江山のふもとで「大江山」を上演 広島の神楽団

2019年11月12日 のニュース

 鬼についての見識を深める「鬼シンポジウムふくちやま2019」(世界鬼学会主催)が、京都府福知山市大江町河守中央の総合会館で9日に開かれた。広島県の神楽団が演目「大江山」を上演。舞台となった大江山がある大江町で勇壮な神楽が繰り広げられ、来場者を魅了した。

 上演したのは北広島町の旭神楽団で、「大江山」のほか「八岐大蛇」も披露した。

 源頼光の酒呑童子鬼退治伝説をテーマにした「大江山」は、大江山にすむ3匹の鬼たちが頼光ら四天王と戦い、倒されるという勧善懲悪の物語。団員たちは鬼の面をかぶり、きらびやかな衣装を身にまとって、舞台狭しと動き回った。

 最後に酒呑童子が討伐されると、会場からは大きな拍手が送られた。

 「八岐大蛇」の演目は須佐之男命が大蛇を退治する場面が繰り広げられ、訪れた人たちが迫力ある演技に見入った。

 シンポでは講演もあり、国際日本文化研究センターの小松和彦所長が鬼の起源について解説。恐怖や災厄をもたらすものに人間が「鬼」というラベルを貼っていった背景などを話した。
 
 

写真=「大江山」の演目を上演する旭神楽団

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«11月»
     1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。