大粒の丹波栗を一升ますで量り売り 三段池でまつり

2019年10月06日 のニュース

 京のブランド産品に認定される「丹波くり」をPRする第49回福知山地方丹波くりまつりが、好天に恵まれた5日、京都府福知山市猪崎、三段池公園内の市武道館で開かれた。家族連れらが大勢訪れ、量り売りなどで秋の味覚を求めた。

 福知山市などの府内と兵庫県内で栽培される丹波くりは、大粒でまろやかな味が特徴。歴史は古く、平安時代までさかのぼることができ、日本の栗のルーツともいわれる。

 毎年好評の一升ますを使った量り売りや箱売りは、午前10時の開幕前から約200人の長い列ができる人気ぶり。4日に兵庫県丹波篠山市で開かれた「第3回丹波栗広域品評会」に福知山市から出品されていた14点は、早々と売り切れた。

 福知山市女性農業士会による栗おこわをはじめ、焼き栗や栗スイーツの販売、栗つかみやイガ投げゲームもあり、会場は丹波くり一色となった。
 
 
写真=人気を集めた1升ますでの量り売り

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«10月»
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。