福知山花火大会は「再開の検討段階にない」 議会で市が見解

2019年09月12日 のニュース

 京都府福知山市の9月市議会定例会本会議で、11日に一般質問が行われた。この中で、花火大会復活への展望を問われた産業政策部の櫻井雅康部長は「現時点では、市として再開を検討する段階にない」との見解を、改めて示した。

 福知山花火大会は北近畿最大規模のイベントだったが、57人が死傷した2013年の屋台爆発炎上事故以来、開催されていない。質問議員は「元気回復の起爆剤となる花火大会の復活を望む。時期尚早ということもあると思うが、将来的な展望は」と質問した。

 これに対し、櫻井部長は「実行委では、被害者や遺族との話し合いを進め、全員の救済が完了した。一方で、後遺症に苦しむ方がおられるのも事実。正式に再開の要望も受けていない」と説明。そのうえで、再開の検討は「市民や関係団体など多くの幅広い支持が前提になる」とした。

Tweet

24時間アクセスランキング

京都北都信用金庫
大嶋カーサービス

カレンダー

«9月»
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30      

著作権について

このホームページに使用している記事、写真、図版はすべて株式会社両丹日日新聞社、もしくは情報提供者が著作権を有しています。
全部または一部を原文もしくは加工して利用される場合は、商用、非商用の別、また媒体を問わず、必ず事前に両丹日日新聞社へご連絡下さい。